コーキング補修の必要性


コーキングがあるべき箇所で、このように隙間が完全に開いてしまっている住宅も

見られますが、コーキングは窯業系サイディングにとって重要な役割を持っています。

お手入れが非常に重要です。

では、コーキングの重要な役割のとは?

コーキングの入る箇所というのは、サイディングボードとサイディングボードの間や

窓サッシの周り等があります。

このコーキングは固まるとゴムのようになり、地震などで家が揺れた場合に衝撃を和らげてくれるクッションの役割があります。

 またボードとボードの間に雨水等の侵入も防いでいます。

 

上の写真はコーキングがボードとボードの間から離れて中に雨水や湿気が入り込み、ボード自体が

湾曲してしまい、このような大きな隙間ができてしまったと考えられます。

サイディングボードの内側は防水加工を施されていないので、水気に弱く、反ってしまう事例が

少なからずあります。 


劣化原因は

ゴムのような素材なので紫外線や経年劣化に

より、やせ細ったり亀裂が入ってしまったら、補修しなければなりません。

地震など揺れに追従できず、コーキング本来の機能を発揮できなくなります。

 

補修方法は

2種類あります。

・打ち替え

既存のコーキングをV字にカットして、カットした部分にコーキングを打つ

・増し打ち

上から新しいコーキングを被せる

の2種類があります。

コーキングの状態を見てどちらの施工方法が

その住宅にとって最適なのか判断して施工を

行います。

 



DIYでコーキング

壁は塗装を頼むほど劣化してないし、一部分だけコーキングの劣化が気になる、、、

という場合、DIYが得意な方はご自身で補修する場合もあるようです。

その場合1つだけ注意してい頂きたいことがあります。

おそらくホームセンターでコーキング材を購入されると思いますが、コーキング材を選ぶ際は

シリコンシーラント」もしくは「シリコンコーキング」というコーキング材を外壁や塗装を行う必要がある箇所には絶対に使用しないで下さい。塗装が必要になった時、塗料がのりません。。

使用するならば、「変性シリコン」で「ノンブリードタイプ」を選ぶとのちの塗装工事等に

影響がありません。

変性シリコンとシリコンの違いは?

シリコンは塗料がのらず、変成シリコンは塗料がのるという事です。
塗装が必要な箇所は変成シリコンが使われます。
シリコンは耐水性に優れた素材な為、洗面台や浴槽等の水に浸かる所で使われます。
変成シリコンにはシリコンは含まれておらず、全く別の物です。

コーキングがこのようになっていたら危険信号です。

お早めに対処をおすすめ致します。