作業中の様子


換気口の上のサイディングが傷んでしまっていたので、当て物を取り付け、コーキングで塞ぎ塗装を行った際の工程です。

柄は付けることができないので、ペロンとした見た目にはなってしまいますが、サイディングを交換せずに今後の同じ箇所の劣化を防ぐ事ができます。